2017年04月21日

耳読耳学ライブラリ 著者紹介 006 シルバーバーチ

シルバーバーチについては、「シルバーバーチは語る」の序文の中で、ハンネン・スワッファーが次のように紹介しています。

われわれがシルバーバーチと呼んでいる霊は実はレッド・インディアンではない。いったい誰なのか、今もって分からない。分かっているのは、その霊は大変な高級界に所属していて、その次元からは直接地上界と接触できないために、かつて地上でレッド・インディアンだった霊の霊的身体を中継してわれわれに語りかけている、ということだけである。

いずれにせよ、その霊が“ハンネン・スワッファー・ホームサークル”と呼称している交霊会の指導霊である。その霊が最近こんなことを言った。

「いつの日か私の(地上時代の)本名を明かす日も来ることでしょうが、私は仰々しい名前などを使用せずに地上の皆さんの愛と献身とを獲得し、私の説く中身の真実性によって確かに神の使徒であることを立証すべく、こうしてインディアンに身をやつさねばならなかったのです。それが神の御心なのです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シルバーバーチの哲学の基本的概念は、いわゆる汎神論である。すなわち神は大自然そのものに内在し、不変の法則として全てを支配している。要するに神とはその法則(摂理)なのである。それをシルバーバーチは「あなた方は大霊の中に存在し、また大霊はあなた方の中に存在します」と表現する。と言うことは、われわれ人間も潜在的にはミニチュアの神であり、絶対的創造原理の一部としての不可欠の存在を有しているということになる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シルバーバーチは語る 再生リスト




耳から学ぶ「シルバーバーチは語る」序文 ハンネン・スワッファー -聴きものがたり

posted by 聴きものがたり at 06:23| 著者紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

耳読耳学ライブラリ 著者紹介 005 エイブラハム

エイブラハムは、「願えば、かなう エイブラハムの教え」の第1章で、次のように語っています。

 私たちはエイブラハムと呼ばれており、”見えない(非物質)”次元から話しかけています。もちろん、あなたも”見えない”次元から来ていて、私たちとあまり違いません。あなたが住む物質世界は”見えない”世界を投影したところから現れました。あなたも物質世界もともに”ソースエネルギー”の延長なのです。
 この”見えない”領域では言葉を使いません。必要ないからです。言語の代わりに波動を使います。この世界の共同体、すなわちファミリーは意識の集合体です。要するに私たちは波動を放つ存在であり、よく似た意識を持つ者同士が集まっているのです。これは物質世界でも同じですが、多くの人はそのことを忘れています。
 エイブラハムとは、万事をとり仕切る”宇宙の法則”をあなたに思い出させるという目的を持って自然に集まった”見えない存在”のファミリーです。あなたは”ソースエネルギー”の延長であり、祝福され愛されている”存在”であり、楽しく創造するためにこの物質世界にやって来た、ということを思い出してほしいのです。
 物質世界に姿を現した者は誰であれ”見えない”世界に相棒がいます。また、誰でも”見えない”世界の広い視野で物を見ることができます。しかし、物質世界の大方の”存在”は物質に基づく地球の性質にとらわれていて、”ソース”とのつながりをはばむ抵抗のパターンが生じています。私たちは”ソース”とのつながりを思い出したいと望む人々を助けます。
 人間は”見えない”世界が発するわかりやすいメッセージを受け取れますが、たいていの人はそのことに気づいていません。また、気づいてはいても、いつもの思考が意識的に意思を通じるのを邪魔します。
 ですが、たまにチャンネルが開いて、私たちの知識を受け取って翻訳できる人に向けて、波動で伝えることができます。これがエスターに起きていることです。私たちはラジオの電波のように波動によって知識を提供し、エスターはこの波動を受け取って言葉に翻訳しているのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エイブラハム 再生リスト



人生全般の瞑想 エイブラハムの引き寄せの法則より -聴きものがたり

posted by 聴きものがたり at 23:30| 著者紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

耳読耳学ライブラリ 著者紹介 004 ハトホル

ハトホルは、「ハトホルの書」 第一章 ハトホルとはだれか、そしてなぜ地球にやって来たのか で、次のように語っています。

 わたしたちは集合意識ハトホルです。わたしたちは愛とともに、あなたがた地球の素晴らしい理想的な現実の響きをたずさえてやって来ました。もしみなさんに新しい世界をつくり出す用意があれば一緒に知性と感性の旅に乗り出しましょう。わたしたちはあなたがたの先輩であり兄弟姉妹にあたる存在で、この惑星で進化を遂げつつある人類をとても長いあいだ見守ってきました。そして太古の昔から、あなたがたとともにあります。わたしたちの足跡は、あなたがたの有史時代の記録に残っているよりもさらに古い、いまや忘れ去られた時代にまでさかのぼることができます。わたしたちは次元を超えたエネルギー的存在であり、もともとは別の宇宙から、あなたがたの宇宙の入り口であるシリウスを経由してやって来ました。そしてシリウスからあなたがたの太陽系へと入り、金星のエーテル界に落ち着くことになったのです。
 わたしたちは昔、とりわけ古代のエジプトで、豊饒の神としてまつられていたハトホル女神をとおして務めにあたっていたことがありました。またチベット仏教の形成期には、ラマ僧たちとも交信していました。わたしたちの文明はそのように地球の古代文明とも交流がありましたが、あなたがたの知る宇宙を越えた、はるか彼方の銀河にもまた点在しています。
 わたしたちは、すでにアセンション(次元上昇)を経ている存在です。あなたがたのエネルギー場に特徴的な固有の振動があるように、わたしたちの仲間も特有の振動性のエネルギー場に存在しています。わたしたちは単にあなたがたよりも速く振動しているというにすぎません。そうしたことに関わりなく、わたしたちは皆が神秘の一部であり、すべての宇宙をむすぶ愛の一部なのです。
 あなたがた人類がそうであるように、わたしたちもまた、ありとあらゆるものの「一なる根源」に向かい、次元を上昇しつつ魂を成長させつづけています。わたしたちもあなたがたと同じく喜びや悲しみをとおして成長してきたのです。巨視的な視野からすれば、わたしたちは気づきと意識の進化の螺旋において、あなたがたよりも少し高いところにいます。それでわたしたちは友として助言者として、そしてまた「すべてなるもの」の記憶へと立ち返る旅の仲間として、自分たちがこれまでに学んできたことをあなたがたにお伝えすることができるのです。

・・・・・・

ハトホル 再生リスト




耳から学ぶ ハトホルからのメッセージ(1)「変化の風を乗り越える」-聴きものがたり

posted by 聴きものがたり at 22:41| 著者紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

耳読耳学ライブラリ 著者紹介 003 バーソロミュー

バーソロミューというのは、メアリーマーガレット・ムーアによるチャネリングを通して、高次元からメッセージを提供し続けたエネルギーです。
このエネルギーの関心は、”大いなる一”からの分離という幻影から人間たちが目覚めるよう、その手段を与えることにあります。
バーソロミューは私たちの兄弟として、地球と対等な宇宙のエネルギーの一部としてやってきました。
そして、自分とまわりの世界とのあいだを分離したものとして見るのは幻影であること、そうした世界観は苦しみをもたらすことを、私たちに思いださせるためにやってきました。
私たちはこのエネルギーの、そして、創造界のすべてにとっての兄弟姉妹であり、自分たちの内部にこの”大いなる一”を知る能力を持っています。
バーソロミューの任務は、この幻影を創りだしたのは私たちであり、それを自分たちで終わらせることもできるのだということを、優しく思いださせてくれることのようです。

バーソロミュー 再生リスト




耳から学ぶ バーソロミュー(1) 「愛ではないもの」-聴きものがたり

posted by 聴きものがたり at 23:40| 著者紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

耳読耳学ライブラリ 著者紹介 002 津留晃一

津留晃一さんは、経営していた会社がバブル経済の崩壊により倒産し、その苦しみの中から、自己を見つめ、内面世界の探求を始めたそうです。平成12年10月にお亡くなりになりましたが、そのメッセージは、多くの人々に影響を与えています。

読改)津留晃一さんのメッセージ (読み上げ改訂版)

津留晃一さんのメッセージ集

津留晃一さんの実践幸せテクニック講座

津留晃一さんの講演会




(読改)津留晃一さんのメッセージ 1「現実の創造者」-聴きものがたり

ラベル:津留晃一
posted by 聴きものがたり at 22:19| 著者紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする